経営理念

【真心をカタチに】

丸市倉庫の経営理念は「真心をカタチに」です。

お客様は、多くの物流会社があるのに、我が社を選んでくれました。

この巡り合いに感謝し、我々は、お客様の期待に応え、夢を実現したいのです。

そして、物流は1社ですべての業務をすることは不可能です。

輸送が得意な会社、倉庫が得意な会社、情報が得意な会社など、多くの優れたパートナーの皆様に協力を頂けないと、お客様のお荷物を全国にお届けすることは不可能です。

そのためにも、パートナーに貢献し、選ばれる会社である必要があります。

そして、我々自身も、仕事を通じていろんな体験から学び、自己成長し、やり甲斐を実感したいのです。

また、仕事の努力が報われ、生活も向上し、幸せになりたいのです。

我が社は、関係者の皆様と一緒に成長し、後世に発展の一助になるべく、そんな足跡を遺したいと思います。

多くの人に支えられ、愛され、「君と一緒に仕事をしてよかった!」「ありがとう!」「すごいね!」と多くの感謝の声で溢れる会社でありたいと思います。

全ての仕事は「人」がなすのです。 一緒に働いてくださる社員さんの成長が一番であり、我々の幸せなのです。

我々は、多くの人や会社と出会えたことに感謝し、そして、我々を選んで頂いた全ての皆様にその感謝を思いを具体的なカタチとしていきたいのです。

商品やサービスなど、我々の思いをカタチにして、世の中に貢献したいのです。 そんな思いを経営理念に込めています。

会社の歴史

始まりは製糸業でした。繭(まゆ)を保管したお蔵を、政府の管理するお米の保管に利用することで倉庫業(昭和24年)がスタートしました。

「荷物を保管する」という倉庫業から始まり、「荷物を動かす」運送事業、 そして「物の動きを情報化する」システム事業と 時代環境に合わせて挑戦し変化してきました。

これからも、物流を基軸としながら様々なことに挑戦をしていきます。

倉庫会社の知識をシステムに

【すごい物流】

今は時代の大変革期。 インダストリー4.0は、A I時代、非接触、ロボティクスと言われています。

物流業もこれらの時代変化に適合していなかければなりません。 そこで当社は「すごい物流」というビジョンを掲げました。

クラロジ、トラロジを通じて地域社会を活性化し、関わる皆さまの業績アップ、品質アップをお手伝いして、社会に貢献していく活動です。 今まで物流作業で培ってきた考え方やノウハウを、誰でもできる仕組みにするためにシステム化を推し進めています

日本の現状は急激な少子高齢化、時間外労働の規制など、働き手の不足、教育する時間がないなど、多くの問題を抱えています。

そこで、それらの社会問題を解決すべく、システムやアプリとして商品化することで、パートナーの物流企業、荷主の業績アップや品質アップに貢献していきます。